忍者ブログ
裏表世界
[100320]初めての恋が終わる時


miku@Sakina
Photo thx Juice @ 2010/03/20
はじめてのキスは涙の味がした
第一次的吻是眼泪的味道
まるでドラマみたいな恋
如同戏剧一样的恋爱




見計らったように発車のベルが鳴った
像计算好的一样,发车的铃声响了



冷たい冬の風が頬をかすめる
寒冷的冬风吹过脸颊



吐いた息で両手をこすった
用自己的哈气搓着双手



街はイルミネーション 魔法をかけたみたい
街道灯火通明 看起来就像施了魔法
裸の街路樹 キラキラ
连道旁的枯树 也在闪光



どうしても言えなかった
不管怎样都说不出来的
この気持ち 押さえつけた
这种心情 被压抑着

前から決めていた事だから
因为是之前已经决定好了的事情 
これでいいの
就这样就好了
振り向かないから
我 不 会 再 回 头




ありがとう サヨナラ
谢谢你 再见了
切ない片想い
重要的那些回忆
足を止めたら思い出してしまう
只要停下脚步就会回想起来
だから
所以呢



ありがとう サヨナラ
谢谢你 再见了
泣いたりしないから
我不会哭泣的
そう思った途端にふわり
这样想着,轻轻的没有犹豫
舞い降りてくる雪
飞舞飘落的雪花
触れたら解けて消えた
轻轻的一碰就融化消失



駅へと続く大通り
在通往车站的马路上
寄り添ってる二人 楽しそう
看到了互相依偎着的两个人 看起来好开心
「ほら見て初雪!」
"你看,是冬天的第一场雪!"
キミとあんな風になりたくて
想着和你也变成那样的话...



初めて作った
第一次织好的
手編みのマフラー
亲手做的围巾

どうしたら渡せたんだろう
要怎样送给你好呢...
意気地なし 怖かっただけ
并不是没有这种想法 只是稍微有点害怕



思い出になるなら
如果变成像回忆那样
このままで構わないって
"这样也没有关系的..."
それは本当なの?
真的是这么想的么?



ありがとう サヨナラ
谢谢你 再见了
いつかこんな時が来てしまうこと
这样的时刻总是会无可奈何的来的
わかってたはずだわ
明明是知道这点的...
なのに
明明知道的...
ありがとう サヨナラ?
谢谢你 再见了



体が震えてる
身体在颤抖着
もうすぐ列車が来るのに
列车明明马上就要来了
それは今になって
短短的现在却让我变得
私を苦しめる
那么痛苦..


繋がりたい
还想要继续联系
どれほど願っただろう
这是多么强烈的希望呢...
この手は空っぽ
我的手是空着的
ねえ サヨナラってこういうこと?
呐...所谓告别...就是这样的事情么...



行かなくちゃ
我知道
そんなのわかってる
我该走了

キミが優しい事も知ってる
我也知道你是个温柔的人
だから
所以...



「……この手を離してよ」
"松开我的手吧"
出会えて良かった
曾经见到你 真是太好了
キミが好き
我 喜 欢 你


ありがとう サヨナラ
谢谢你 再见了
一言が言えない
一句话也不用说...
今だけでいい 私に勇気を 
只要现在就好.给我勇气吧.
「あのね――」
"呐---"



言いかけた唇 キミとの距離は0
说着悄悄话的嘴唇 和你的距离是0
……今だけは泣いていいよね
只是现在...哭的话没关系的吧...
もう言葉はいらない
言语已经没有必要了



お願い ぎゅっとしていて 
拜托了.抱我一下.
来年の今頃には
明年这个时候.



どんな私がいて
我会是什么样子
どんなキミがいるのかな
你又会是什么样子呢...





-Fin-

拍手[0回]

PR
コメントを投稿する
HN

タイトル

メールアドレス

URL

コメント

パスワード